綿入れのほうれい線ズボン

私は同僚との約束をして、デパートへ行って.寒くなると、私は息子に密着着を一枚買っ綿入れの同僚に、高校生の娘を一枚買っ綿入れのズボン.私はとても速く買って、大きさとスタイルに合っているとすぐに1件の提げを提げた.子どもはまだ小さいとは言わない、本当に省勁と言ってた!今は寒いが、娘がおしゃれの年齢に、厚い綿入れを着ても嫌太って、買うかをしながらも、この寒い日が、足の凍え.いつも彼女に来て、すべての人,私は寒くない、私は買ったのまた厚い.」彼女は今晩帰ってくる娘、きっと買い戻し1本の心の、彼女は明朝持っていく.

私たち二人は女の下着のコーナーに彷徨うことになるわね、ほとんど毎か彼女もなでてみるも、きれいで、着やせ、さらに保温、こんな要求を制限性が高い.しばらく、最終的に选1項の保温してきれいな綿入れのズボン.彼女はびくびくする今度の娘が満足.

私は急に私の小さい時の1つのシーンを思い出しました.その時、母は自分が作ってくれ綿入れの、毎年の冬にする薄一厚2セット.小さい頃は悪くなくて、私が大きくなど、その美、もう好きな母親の綿入れ、いつもそれが笨笨のはみっともない.開始時にしか着ない、薄い厚手の,ほうれい線、もっと大きく、いっそ薄いのもいとわさえ、むしろは三九日はセーターを着て切っ凍ってぶるぶるも、母親の綿入れのズボンを着用しないように.母はひたすらくどくど言う:“この綿入れ見苦しくないね、全部新しい綿、新サラサ、着ないだろう、人ジョーク.凍ないで!」私は母の小言を聞かないといけない、ただ、ただ着ているだけだ.時の冬は寒く、暖房の条件は今の方が.街の上で売るか花だけ棚は、フロント.母はそのために頭を悩ます、久しぶりに自分の研究、やっと1種の研究で弾力性のある布で作った綿入れの、非常に身を包んで、保温は美しく.私はついに着てそれを着て.母は喜んで、そして、その後、私はたくさんの学友の母も私の母親から所学に行ったこの手芸、彼女たちの娘にした心の綿入れ.

私は,ある日、同僚の娘さんはきっと分かって、彼女の母はかつてのために1本のはきれいで、保温の綿入れのズボンを走って、デパート、触れる度マーケットの中の1種のか、このような愛は化できない、1本の小さな綿入れズボンに乗せたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です